092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

遺言書の種類について|遺言知識

民法の規定する通常の遺言として、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。
自筆証書遺言については、
①自筆②日付と氏名の自筆③押印しているなどのもとに作成したものです。
メリットしては、書きやすいく費用が安いです。
デメリットとして保管が完全ででない、闇に葬られるケースが多々有る、相続のとき家庭裁判所の検認手続きを経ないとならないので面倒です。
公正証書遺言についてですが、
①公証人が口授し②証人二人の立会いのもと作成した遺言なのでメリットとして信頼性が高い、遺言文案を当事務所が関わることでお気持ちをくみ取りながらマストなものを提案できます。そして保管も万全ですし、検認手続きが不要などの点が挙げられます。
デメリットとして、費用が発生することです。
秘密証書遺言は、
公証人に遺言の存在を認めてもらう様式です。メリットとして保管という点で安心できる。デメリットとして費用がかかること検認手続きをしないとけないので面倒な手続きが残るなどが挙げられます。
3つの遺言の様式を比較するとやはり、公正証書遺言一番いいと思います。
それゆえに当事務所では、公正証書遺言作成サポートが中心業務として行っております。