092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

やっていることが法律的に認められたのがうれしいです!

B

任意後見契約移行型を選択されました。
Bさまは、任意後見契約移行型を契約しました。任意後見契約を契約して、とても良かったとBさまからありがたいお言葉をいただいております。

任意後見契約締結後、本来認知症などになり判断能力が減退した時に親族や後見人就任予定者から家庭裁判所に後見監督人を選任していただくところから始まります。任意後見契約の移行型場合多くの場合契約締結時から後見人就任時までの期間を委任契約という形でカバーできます。親族などから「なんであなたがするのなどといわれてしまう場合」が多々あると多くのお客さまから伺いました。任意後見契約の移行型を締結しておくことにより、本人さまか財産管理などや事務処理さらには、認知症などになってしまった時にあとは頼むではないですが任せれているので他の親族などに対しても説明がつきやすく。そのような観点からも当所で遺言書を作成された多くの方が任意後見契約の移行型を同時にされる方が多いです。