092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

代襲相続って何?|相続知識

代襲相続って言葉を聞いたことがありますか?いや聞いたことないよと言われる人もいるかもしれませんが相続においては、重要な言葉となってきます。

被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。(民法887条2項)対象は、相続人の子の子、または兄弟姉妹の子になります。

代襲相続を定める趣旨は、親である相続利益を受ける子の利益を保護するためです。

例えば、X男とY子の間にA、B、Cの子どもがいます。Bがこどもbを残し死亡しました。そのあとにX男が死亡しました。その時の相続人は、妻のY子とA、代襲相続したb、Cになります。法定相続分は、妻が1/2、Aが1/6、bが1/6、Cが1/6になります。Bを代襲して相続するのでbを保護することができるのです。