092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

成年被後見人の遺言について|相続知識

4人に1人が高齢者といわれる中で成年後見人がついておられる方も以前より増えてきました。成年被後見人になった人は、遺言書を残すことができるのか?については私の事務所で無料相談会をさせていただくとけっこうこのような質問をされる方が多いです。まず、答えから申し上げれば成年被後見人も要件を満たせば可能となります。

成年被後見人についての遺言は、成年被後見人が事理を弁識する能力を一時回復した時において遺言をするには、医師二人以上の立会いがなければならない。(民法973条1項)遺言に立ち会った医師は、遺言者が遺言をする時において精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状態になかった旨を遺言書に付記して、これに署名し、印を押さなければならない。ただし、秘密証書による遺言にあっては、その封紙にその旨の記載をし、署名し、印を押さなければならない。(民法973条2項)とあります。現実的には、医師2名の確保というのは非常に困難です。そのために元気なうちに遺言書を作っておかれる方がよいと思います。転ばぬ先の杖「遺言書」関しましては当事務所にお気軽にご相談ください。