092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

農地を相続したときは、農地法の届出が必要です。|相続知識

農地を相続される方って意外と多いです。平成21年12月15日から、相続等により農地の権利を取得した方は、農業委員会にその旨を届出することが必要となります。(現況が農地の場合、届出が必要です。)

届出をしなかったり、虚偽の届出をした場合は、10万円以下の過料に処せられます。根拠規定は、農地法第3条の3農地又は採草放牧地について第3条第1項本文に掲げる権利を取得した者は、同項の許可を受けてこれらの権利を取得した場合、同項各号(第十二号及び第十六号を除く。)のいずれかに該当する場合その他農林水産省令で定める場合を除き、遅滞なく、農林水産省令で定めるところにより、その農地又は採草放牧地の存する市町村の農業委員会にその旨を届け出なければならない。第69条第3条の3の規定に違反して、届出をせず、又は虚偽の届出をした者は、10万円以下の過料に処する。

になります。農地を取得された時の届出に関しても当事務所では対応することが可能です。農地を相続された時はお気軽にご相談下さい。