092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

遺言で長男Aに相続させる予定が先に死んだときAの子aにAから代襲相続されるのか?|相続知識

遺言書で長男Aに甲土地建物を相続させる遺言書を残しておいたが遺言者より先にAが死亡した場合Aの子aが代襲相続できるのか民法の条文によると被相続人の子は、相続人となる。(民法887条1項)被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。(民法887条2項)前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。(民法887条3項)によると代襲相続ができるような気がしますねしかし、判例は、特段の事情のない限り、その効力は生じないとしています。
 

「相続させる」旨の遺言は,当該遺言により遺産を相続させるものとされた推定相続人が遺言者の死亡以前に死亡した場合には,当該「相続させる」旨の遺言に係る条項と遺言書の他の記載との関係,遺言書作成当時の事情及び遺言者の置かれていた状況などから,遺言者が,上記の場合には,当該-3推定相続人の代襲者その他の者に遺産を相続させる旨の意思を有していたとみるべき特段の事情のない限り,その効力を生ずることはないと解するのが相当である。
(最高裁判所第三小法廷平成23年2月22日民集 第65巻2号699頁)

 上記判例からも相続人が先にお亡くなりになる事態もありますねそんな場合もありますので遺言書を作るときは慎重になることが大切だと思います。遺言書の相談はお気軽に当事務所にご相談下さい