092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

もし自筆証書遺言をみつけたら|相続知識

被相続人がお亡くなりになり、お葬式をすませ気持ちの整理もだいぶついてきたので遺品整理などをしているとき例えば本棚から封筒に入った遺言書がでてきました。こんなときはどうしたらいいと思われますか?こんな時のことも民法に規定が置かれています。封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ、開封することができない。(民法1004条3項)と決められています。うっかり開けしまってはいけません。前条の規定により遺言書を提出することを怠り、その検認を経ないで遺言を執行し、又は家庭裁判所外においてその開封をした者は、五万円以下の過料に処する。(民法1005条)と規定がおかれています。相続人にも負担がかかってきます。こういった問題を解決する方法はいろいろありますが一番分かりやすいのが遺言の方式を公正証書遺言で作成することであると思います。公正証書遺言の相談は当事務所にお気軽にご相談ください。