092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

成年後見制度について|相続知識

成年後見制度についてお聴きになられたことがありますか?最近一般的になってきたかと思います。成年後見制度とは、認知症や精神上の障害により判断能力が不十分になった方を支援する制度で財産管理や身上監護の体制を支援する制度です。大別すると2種類あり法定後見と任意後見に分類されています。

法定後見は、判断能力が不十分になってしまったあとに家庭裁判所への申立により本人の状況により「後見」、「補佐」、「補助」の段階により成年後見人、保佐人、補助人が選任されます。

それにたいして、任意後見とは、判断能力がある元気なうちに将来認知症などになり判断能力が低下する事態になった時のために後見人を指名しておき公正証書で任意後見契約を締結します。判断能力が低下する事態になったら家庭裁判所が選任する任意後見監督人の監督のもとに本人から任された任意後見人が本人のために契約で任された範囲のことを行います。

4人に1人が高齢者という社会の中では、判断能力の低下する可能性は高いのではないかと思います。転ばぬ先の杖として信頼のおける方を後見人に選べる任意後見契約が良いのではないのかと思います。