092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

一身専属の権利と相続|相続知識

相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。(民法896条)とあるようにすべて相続できるように規定が置かれていますがただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。(民法896条ただし書)の規定からもあきらかのようにすべての財産が相続されるわけではなく一身専属の権利については、相続されません。

では、一身専属にあたり相続の対象にならないのは具体的にどういうものでしょうか?いろいろありますが雇用契約上の地位などですねA社に雇われて死亡しましたその地位が相続されるのか冷静に考えてみればわかるように相続人が代わりに務めることはできませんこのような権利に関しては相続の対象にはなりません。生活保護を受ける権利も相続の対象にはなりません。けっこう一身専属の権利ってありますので相続の際は注意が必要となります。もし、これは相続できるのかなぁと疑問をいだきましたらお気軽にご相談いただければと思います。