092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

相続の手続で1番最初の手続|相続知識

相続の手続でまず行うのがお亡くなりになった方の死亡届になります。死亡の届出は、届出義務者が、死亡の事実を知つた日から七日以内(国外で死亡があつたときは、その事実を知つた日から三箇月以内)に、これをしなければならない。(戸籍法86条1項)と規定されていますので届出義務者が事実を知った日から7日以内に届ける必要があります。

届書には、次の事項を記載し、診断書又は検案書を添付しなければならない。(戸籍法86条2項)死亡の年月日時分及び場所(戸籍法86条2項1号)、その他法務省令で定める事項(戸籍法86条2項2号)やむを得ない事由によつて診断書又は検案書を得ることができないときは、死亡の事実を証すべき書面を以てこれに代えることができる。この場合には、届書に診断書又は検案書を得ることができない事由を記載しなければならない。(戸籍法86条3項)

上記規定の内容がよく2時間ドラマなどで題材で検案書が使われますね、そして左の者は、その順序に従つて、死亡の届出をしなければならない。但し、順序にかかわらず届出をすることができる。第一同居の親族、第二その他の同居者、第三家主、地主又は家屋若しくは土地の管理人(戸籍法87条1項)が届出役所に出す順序ですね戸籍法でここまで厳密に決まっているのです。さらに、死亡の届出は、同居の親族以外の親族、後見人、保佐人、補助人及び任意後見人も、これをすることができる。(戸籍法87条2項)の規定もおかれています。例えば同居の事実婚の方なども届出がだせる根拠が明文規定に置かれているのもポイントだと思われます。