092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

相続でよく相談を受ける養子について1|相続知識

相続の相談にのっていてよく聴かれることに相続人の中に養子の方がいるという案件の相談を受けることが意外と多いです。そこで今回は養子縁組について書いてみることにします。養子の制度には、普通養子と特別養子の2種類があります。養子が養親との親子関係を残したままにする制度を普通養子と呼びます。それに対して養親との関係を完全にたち実子扱いをうけるのが特別養子になります。

遺言相続の案件では、相続人の中に養子の方がおられ実子の方と相続でもめるケースが意外と多いです。被相続人の生きておられるころから兄妹で仲が悪いというケースが多くみられます。勿論仲の良いケースもございますがこのような家族関係の時は、財産のあるなしや兄弟仲の良い悪いにかかわらず遺言書を残されることが一番良いのではないかと思います。自分の面倒をよく見てくれた子に多く財産を残したいなどの願望があることがこれまでの相談で多かったです。トラブルはなくても遺言書を書かれることをお勧め致します。