092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

養子である被相続人の孫と代襲相続|相続知識

養子である被相続人の孫が被相続人の死亡により養子としての相続分はもらえますがこの場合、代襲相続分がもらえるかという論点がありました。この場合は、養子は養子としての相続分と代襲相続分の相続分も取得することができるのです。ですので、孫を養子縁組するケースは相続対策として昔から流行っています。

また、養親と実親の両方の相続分も取得することができます。普通養子とは、すごい制度ですね。資産家の方では当たり前のことになっているかもしれませんがこのような案件も意外と多いです。

相続税の基礎控除の算出の時に、養子と法定相続分の関係で被相続人に実の子供がいる場合一人まで被相続人に実の子供がいない場合二人まで数えることができます。(相続法15条2項1号、2号)に規定が置かれています。

このように法律上の親子関係になる養子縁組の制度は相続に大きく関係してきますね。仲の良いご家族も多いですがトラブルになる事案もあります。転ばぬ先の杖として遺言書の作成をお勧め致します。