092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

こんな人は、遺言書があった方がよいケース②|遺言知識

遺言があった方がいいというケースはいろいろありますが今回は、その1つのケースです。独身の方も遺言書がないと困るとおもいます。独身の方の場合、配偶者相続人が存在しませんので直系尊属、兄弟姉妹などがケースにより相続人となります。具体的な例をあげますと被相続人と兄A、妹Bがいた場合AとBが相続人となります。法定相続分は1/2ずつですが一見もめないような気がしますね、でもこの財産はAにこれはBになどの思いが被相続人にある場合がほとんどですし、残った財産を相続したいとそれぞれが主張しトラブルになるケースも多くみられます。

自分の財産で兄妹がトラブルになること普通望んでいません。こういったトラブル防止の意味で遺言書作成する意味は大きいです。第1に、自分の思いや願いを相続という形で反映させることができます。第2に、兄弟姉妹には、遺留分がないので遺言書の通りになります。第3に、親族と通常はなれてくれしていることが多いので相続財産を相続人に効果的に伝えることができます。上記3点の大きな理由があるので独身の方は、遺言書をお作りになられるのをお勧めしております。