092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

耳の聴こえが悪い方の遺言について|遺言知識

耳が聴こえが悪い方の遺言というのは大きく分けて2種類の状況があると思います。障害などにより耳の聴こえが悪い方とご高齢になったために耳の聴こえが悪くなったという状況があると思いますここで問題になるのが公正証書遺言を作成するときに読み聞かせがあるからです。旧法の場合は、読み聞かせが必須でしたが、公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。(民法969条三号)に書いてあるように閲覧さることにより行うことができるようになりました。前条の遺言者又は証人が耳が聞こえない者である場合には、公証人は、同条第三号に規定する筆記した内容を通訳人の通訳により遺言者又は証人に伝えて、同号の読み聞かせに代えることができる。(民法969条の2 2項)と規定があるように通訳人を介することができます。耳がご不自由方の場合の規定が民法に想定されていますので安心して公正証書遺言の活用ができます。当事務所にお気軽にご相談いただければと思います。