092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

遺言書を作成するときの注意点|遺言知識

遺言書を公正証書で作成とき印鑑証明書と実印が必要になります。お客さまに印鑑証明を取得していただき、後日実印とおぼしき印鑑と陰影を照合したら一致しなかったという事案が結構あります。ですので、自分で実印だと思っている印鑑が印鑑登録された印鑑と異なる場合があるのです。だから、印鑑証明書をとったら印鑑の陰影を印鑑証明書と照合する作業を怠ってはいけません。私たち専門家が関わるときはほぼ必ず照合します。

実印と印鑑証明書を使うのは遺言書の作成以外にもかなりあります。相続対策としての贈与契約書など実印で作成される場合もあります。印鑑証明書をとったら自分が考えている実印の陰影と会っているかを照合することが非常に大切です。けっこう簡単なことですが、非常に重要なことです。

特に公正証書遺言書を作成するときは大切になってくるので実印と印鑑証明の陰影の照合を忘れずに行うのが良いと思います。遺言知識としてプチ情報にはなりますが結構大切なことになります。