092-474-7400

営業時間:7:00-22:00
福岡市中央区赤坂1-13-28-303

遺言書を作成することにえられる安心感は絶大です!

AA

遺言書を書くというのは、多くの方にとって人生の一大決心です。

私は、いつもお客さまに説明しているのですが人生で生命保険に入ったことがありますかとお聞きするとほぼ全ての方が生命保険に加入した経験を持っています。しかし、遺言書となるとどうも次元の異なる敷居の高さがあります。多くの方に接して1つの答えにたどり着きました。それは、「遺書」と「遺言」を混同されている方かが非常に多いといことです。「遺書」は死ぬことを前提に気持ちや死ぬ理由を書くものです。それに対して「遺言」民法上の言葉で正確にはイゴンと読みます。民法960条などに規定された単独の法律行為です。法律上で方式が決められています。Aさまの場合もそうだったのですが公正証書遺言の形式でお造りなりました。基本、公正証書遺言をおすすめしております。では、なぜ公正証書遺言が良いかといえば様式上のミスがないのと遺言が実行されるときに自筆証書遺言の場合検認手続きなど面倒な手続きがありません。しかも、公正証書遺言を当所で作成する場合には、公証人,専門家,証人などが関わってきますので安心できます。
Aさま場合もそうですが当所では公正証書遺言をお勧めしております。

遺言書残すことに得られる安心は絶大です。

遺言書がない場合は、法定相続分の通りに分けらられますが遺言により自分の意思を反映させることができるので自分が本当に財産を残したい人に多くの財産を継承されるより書くことができるとともに家族にメッセージを残すこともできます。ここが一番大切なのですが、気持ちを残すものです。書くことににより自分も家族も安心できる「人生最後のお守り」だと思います。